14/04/2021

介護の仕事と子育てを両立する方法

主婦としてやってきたことが活かせるのが、介護の仕事です。
訪問介護などの生活援助中心のサービスでは、調理、掃除、買い物、洗濯などが主な仕事内容となります。
普段の経験が存分に発揮できるだけでなく、日々家庭で行っていることと大きな違いがないため、仕事も覚えやすいでしょう。

ただ、主婦が子育てと介護の仕事を両立するための大きな問題として、時間の制約があります。
どのような働き方を選べば、無理なく仕事を続けていくことができるのでしょうか。

子育てと仕事を両立するために、日勤帯のみで働ける仕事を選びましょう。
パートであれば都合の良い時間帯を選べますし、短時間勤務で負担も少ないです。

夜勤のイメージが強い介護職ですが、訪問看護やデイサービスなど、日勤帯のみサービス提供をしている事業所もあります。
正社員として働くならば、このような夜勤のないサービスを提供している施設で働くようにするといいでしょう。

また、主婦として働いていくためには、残業がない所を探すということも大切です。
残業が発生すると、家事ができなくなったり、子供を迎えに行けなくなったりしてしまいます。

24時間介護の必要な利用者が入所している施設では、利用者の急な体調変化などにより、残業が発生しやすいです。
デイサービスなどの提供時間が決まっている施設では、決まった時間に帰りやすいのでおすすめです。
子育てと介護の仕事を両立するためには、どのような施設で働くのかというのを考えながら求人を選びましょう。